ペットを守るためにもペットフードの種類と特徴を知ろう

私はペットを飼っているので定期的にペットフードを購入しているのですが、購入時はパッケージの記載をしっかりチェックするようにしています。
ドッグフードやキャットフードのパッケージやラベルには、ペットの健康を守るために、賞味期限や原材料が記載されています。
ペットフードの賞味期限は、製造年月日から1年間となっているものが多いです。

ペットフードには、ドライタイプとウェットタイプの2種類があります。
ドライタイプは、乾燥して固まった小さい粒状のフードで、栄養バランスが計算されていて便利です。
水分がほとんど含まれていないので、開封後は密閉容器に入れて、直射日光を避けて保存する必要があります。

ウェットタイプは、水分を約80%含んでいて、レトルトパウチや缶詰の製品が多いです。
基本食べ切りタイプですが、食べ切れない分は、他の容器に移し替え、冷蔵庫に入れて保存します。
とは言え、その日の内に食べ切った方が衛生的です。

ペットの好むフードを選んで、新鮮なものを与えましょう。全身脱毛 おすすめ サロン